GGDL

もんとぱーく

MONTO PARK
PUBLIC SPACE | Izumiotsu, Osaka, Japan | 2020

readmore

もんとぱーく

MONTO PARK
PUBLIC SPACE | Izumiotsu, Osaka, Japan | 2020

広場空間を使いこなしていく為のデザイン

もんとぱーくは南海電気鉄道の高架下空間につくられた広場です。泉大津市の掲げる「アビリティタウン」を念頭に、子ども達が自ら遊び方を考え、広場空間を使いこなしていく為のデザインとしました。高架を支持する既存柱とアーチ構造物を合わせて配列することで見え隠れが生まれ、そこで遊ぶ子供たちの賑わいが周辺環境に広がっていきます。アーチ構造物はグリーンとライトグリーンで塗分けられ、見る位置によって様々に色の重なりを変化させます。既存高架柱にも配色を施すことで、その印象をやわらげつつ、魅力的な空間の構成に寄与しています。アーチ広場、芝生ステージ広場、芝生広場の3つの広場から構成され、芝生ステージは、キッチンカーが乗り入れ可能な仕様としており、イベント開催時の中心的な空間となることが想定されています。芝生広場は、子育て世帯が子どもを見守りながら寛ぎつつ、芝生空間で幼児を遊ばせる空間となっています。

時期 2020
設計 前田茂樹 中村奎吾
構造設計 tmsd 萬田隆構造設計事務所
グラフィック UMA / design farm
施工 ビームスコンストラクション
所在地 大阪府泉大津市
撮影 笹倉洋平
ページトップへ